Skip to main content

禁煙補助剤のパイオニア: ニコレット®

日本で初めての禁煙補助剤

ニコチン置換療法は、スウェーデン海軍の潜水艦乗組員が、航海中の禁煙による離脱症状に大変苦しんでいたことがきっかけとなり、1967年にオベ・フェルノ博士により最初に考案されました。
その後、スウェーデンのファルマシア社(現マクニール社)により、最初のニコチン製剤としてガムタイプの禁煙補助剤「ニコレット®」が開発され、1978年にスイスで最初に発売。
日本では、1994年に日本初の医療用禁煙補助剤としてガムタイプのニコレット®が上市され、2001年にはOTC(一般用)医薬品として発売が開始されました。

ニコレット® についてさらに詳しく知る