Skip to main content

ニコレット® ガム 使用上の注意

ニコレット®使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

次の人は使用しないこと

  1. 非喫煙者[タバコを吸ったことのない人及び現在タバコを吸っていない人] (はきけ、めまい、腹痛などの症状があらわれることがある)
  2. すでに他のニコチン製剤を使用している人
  3. 妊婦又は妊娠していると思われる人
  4. 重い心臓病を有する人
    1. 3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした人
    2. 重い狭心症と医師に診断された人
    3. 重い不整脈と医師に診断された人
  5. 急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)と医師に診断された人
  6. うつ病と医師に診断された人
  7. 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人
  8. あごの関節に障害がある人

授乳中の人は本剤を使用しないか、本剤を使用する場合は 授乳を避けること

(母乳中に移行し、乳児の脈が速まることが考えられる)

本剤を使用中あるいは使用直後には次のことはしないこと

  1. 喫煙
  2. ニコチンパッチ製剤の使用

6ヵ月を超えて使用しないこと

相談すること

次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売業者に相談すること

  1. 医師又は歯科医師の治療を受けている人
  2. 他の薬を使用している人 (他の薬の作用に影響を与えることがある)
  3. 高齢者及び20歳未満の人
  4. 本人又は家族がアレルギー体質の人
  5. 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  6. 次の症状のある人
    腹痛、胸痛、口内炎、のどの痛み・のどのはれ
  7. 次の診断を受けた人
    心臓疾患(心筋梗塞、狭心症、不整脈)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)、バージャー病(末梢血管障害)、高血圧、甲状腺機能障害、 褐色細胞腫、糖尿病(インスリン製剤を使用している人)、咽頭炎、食道炎、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、腎臓病(症状を悪化させたり、 現在使用中の薬の作用に影響を与えることがある)

使用後、次の症状があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

次のような症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

  1. 口内・のどの刺激感、舌の荒れ、味の異常感、唾液増加、歯肉炎 (ゆっくりかむとこれらの症状は軽くなることがある)
  2. あごの痛み (他に原因がある可能性がある)
  3. しゃっくり、げっぷ

誤って定められた用量を超えて使用したり、小児が誤飲した場合には、次のような症状があらわれることがあるので、その場合には、直ちに医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

はきけ、唾液増加、腹痛、下痢、発汗、頭痛、めまい、聴覚障害、全身脱力 (急性ニコチン中毒の可能性がある)

3ヵ月を超えて継続する場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

(長期・多量使用によりニコチン依存が本剤に引き継がれることがある)

保管および取扱い上の注意

  1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。 (高温の場所に保管すると、ガムがシートに付着して取り出しにくくなる)
  2. 本剤は小児が容易に開けられない包装になっているが、小児の手の届かない所に保管すること。
  3. 他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり、品質が変わる。)
  4. 使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
  5. かみ終わったガムは紙などに包んで小児の手の届かない所に捨てること。